yukixうろうろ日記

京都在住。関西を中心にうろうろしてます。

東大寺

これも昨年に行ったところです。

奈良市内の東大寺。何度となく来ているお寺ですが、南大門の中へのお参りは5、6年ぶりです。

朝イチなので、参拝客はまだ少なめ。

f:id:yukix03:20201213144127j:plain


南大門前。参道の鹿のフンを掃除してくれている方々がいらっしゃいました。

f:id:yukix03:20201213144144j:plain


南大門から大仏殿を臨む。

f:id:yukix03:20201213144226j:plain


東大寺の境内にも、小さな祠がそこかしこに。

f:id:yukix03:20201213144244j:plain


大仏殿前の回廊。

f:id:yukix03:20201213144311j:plain

中にある大仏殿へは別料金となります。どうしようかなー、と思いつつ、柵から中を覗きました。

f:id:yukix03:20201213144323j:plain

今回はまぁいいかと思い、先は進みます。

木々の中で鹿たちが草などをはんでいました。

f:id:yukix03:20201213144345j:plain


大鐘楼。

f:id:yukix03:20201213144401j:plain


鹿がのんびりしていました。

f:id:yukix03:20201213144422j:plain

朝の人の少ない東大寺の境内は、とても清々しいです。それにしても、とても広い境内。

f:id:yukix03:20201213144445j:plain


二月堂。
東大寺の中で最も好きな場所です。奈良の春を臨むお水取りの神事で有名ですね。

f:id:yukix03:20201213144500j:plain


二月堂下の閼伽井屋。

f:id:yukix03:20201213144518j:plain

中には若狭井という井戸があり、お水取り神事の際に用いられる。建物は鎌倉時代のもの。神聖な空間としてしめ縄や榊で結界が張られ、一般人の立ち入りは固く禁じられています。なんとも神秘的な建物ですね。何度も来ているのに、ここにあることに初めて気がつきました。


二月堂の石段を上がると、立派な手水舎が現れます。

f:id:yukix03:20201213144543j:plain


高いところまで登って来ました。

f:id:yukix03:20201213144602j:plain


本堂前。

f:id:yukix03:20201213144618j:plain


香炉の邪鬼さん。

f:id:yukix03:20201213144633j:plain


不用なおみくじをさすところ。初めて見たかも。

f:id:yukix03:20201213144648j:plain


甍の波の向こうに、奈良盆地の景色が広がります。大仏殿の屋根も見えます。

f:id:yukix03:20201213144704j:plain


古寺ならではの陰影の風情がありますね。

f:id:yukix03:20201213144833j:plain


向こうにはレトロな雰囲気の休憩所がありました。

f:id:yukix03:20201213144853j:plain


石段の上から、親子の鹿がやって来ました。

f:id:yukix03:20201213144908j:plain


何処に行くのかな。

f:id:yukix03:20201213145010j:plain


登廊を降りて行きます。

f:id:yukix03:20201213145024j:plain

彼らも芝生を降りて行きました。

f:id:yukix03:20201213145040j:plain


古い石畳の道。二月堂に来た帰りは、いつもこの道を歩くなぁと思いました。

時が止まったかのような風景。

f:id:yukix03:20201213145102j:plain

f:id:yukix03:20201213145136j:plain


大仏殿前から南大門方面。海外渡航客が来ていた以前と比べると、本当に人が少ないように思います。

f:id:yukix03:20201213145155j:plain


鹿だまり。

f:id:yukix03:20201213145214j:plain


すやすや寝ていますね。

f:id:yukix03:20201213145232j:plain


二月堂で、篠原ともえさんデザインの東大寺御朱印帳を購入しました。大仏様の光背にお花が咲いてて、パキッとした色味がおしゃれです。

f:id:yukix03:20201213145311j:plain


久しぶりの東大寺を満喫し、奈良公園を後にしました。

f:id:yukix03:20201213145445j:plain




長谷寺

前回の続きです。
安倍文殊院のある桜井市の市街地から、山の方へと入って行きます。
長谷寺界隈に到着しました。

f:id:yukix03:20201213133155j:plain

お土産店や飲食店など、古き佳き門前町の雰囲気。
少し遅くなりましたが、このへんでお昼ご飯。

f:id:yukix03:20201213133215j:plain

三輪素麺によるにゅうめん、松茸ごはん、葛餅のセット。美味しかったです。

f:id:yukix03:20201213133236j:plain


長谷寺への石段が見えて来ました。
ここは西国三十三所の一つでもあるので、おそらく主人ネコ男氏ともこの先来ると思いますが…フライング気味に一人でも来てみました。こちらも初めての訪問です。

f:id:yukix03:20201213133254j:plain


仁王門。長谷寺の総門。

f:id:yukix03:20201213133325j:plain


長谷寺といえばコレですよね。
情趣ある登廊。本堂まで続きます。

f:id:yukix03:20201213133345j:plain

うわぁ♪とワクワクしながら登っていきました。
石段の傾斜は緩やかですが、地味にしんどい。
私だけかな、歩幅が石段と微妙に合わなくてですね。一段飛ばしにするとしんどいけど、一段ずつだと小股になる。

途中でゼェゼェ息を切らし、まだ続く登廊を見上げる。

f:id:yukix03:20201213133412j:plain


振り返ったところ。写真の端っこに写っているのが天狗杉。

f:id:yukix03:20201213133437j:plain


登廊の途中には蔵王堂もあります。
結構な高低差があるんだなとわかりますね。

f:id:yukix03:20201213133542j:plain


秋でしたが、日中の陽気に誘われてか、三百余社横の桜が咲いていました。

f:id:yukix03:20201213133523j:plain


国宝の本堂があるエリアまで登って来ました。

f:id:yukix03:20201213133647j:plain

本堂は、断崖絶壁に懸造りとされた南面の大殿堂。京都の清水寺みたいな感じ。正面ではなく、建物の横から入るスタイル。

f:id:yukix03:20201213133725j:plain


堂内は撮影禁止。
一言で言うと素晴らしかったです。
まず、ご本尊の十一面観音菩薩像にビックリしました。予想以上の大きさで、高さ10メートル。
右側から進むと、参拝窓と柱の間からお姿が徐々に現れるので、「さて、ご本尊は……え…すごーー!」となりました。
両脇の難陀龍王と雨宝童子も素晴らしかったです。我々より目線の高い位置に造られた個室のような台の上におられ、灯明がゆらゆらゆらめく事で表情が現れ、生きているかのようでした。

すごーい!ここでゆっくりしたい!
と思うものの、巡礼や参拝の方も多いので、長居する事はちょっと憚られました。というわけで、いったん本堂の舞台の方へ。

f:id:yukix03:20201213133757j:plain


舞台からの景色。大和の晩秋。気持ちいいです。

f:id:yukix03:20201213133823j:plain


本堂正面。この奥に、ご本尊がいらっしゃいます。

f:id:yukix03:20201213133846j:plain


どこを写しても絵になりますね。

f:id:yukix03:20201213133913j:plain

このあとまたご本尊前エリアに行き、別の所に行っては、また来たりして、3、4回チョロチョロしました。
私がご本尊だったら「あの人間さっきも来たが…
あ、来た来た(笑)…また来た!あと何回来ると思う?」と隣の難陀龍王と雨宝童子に話しかけるだろうな。

大黒堂。財宝を司る大黒天のお堂。
作りの大きな独特の顔の大黒様がお祀りされていました。

f:id:yukix03:20201213134001j:plain


彩色が美しい愛染明王が祀られた愛染堂の石段から、境内を見下ろす。右手が本堂。

f:id:yukix03:20201213134024j:plain


古田新太さん似の眼力不動さん。

f:id:yukix03:20201213134107j:plain


大和古寺巡礼ってこんな感じかも〜と思いながら歩きます。

f:id:yukix03:20201213134133j:plain


本堂の舞台が見えました。舞台で話しているらしき若いお坊さんの声がここまでハッキリ聞こえてきました。けっこう距離あるのに、声大きいな、腹式呼吸で喋ってるのかな、さすがお坊さんやなと思いました。

f:id:yukix03:20201213134200j:plain


左の木には黄色い花梨の実がたくさんなっていました。

f:id:yukix03:20201213134223j:plain


長谷寺は、登廊など情緒豊かで見どころも多く、何と言っても、ずっとそこにいたくなるようなご本尊が素晴らしかったです。

f:id:yukix03:20201213134256j:plain









安倍文殊院

今回も昨年行ったところの記事となります。

前回の飛鳥寺のあと、奈良県桜井市にある安倍文殊院に行きました。ここは初めて来ました。
大化元年(645)に創建された日本最古に属する寺院。大化の改新の時に、左大臣となった安倍倉梯麻呂が安倍一族の氏寺として建立。

駐車場に車を止め、受付で入堂料を支払い、振り返ったところに、古墳があります。
西古墳。飛鳥時代のものです。

f:id:yukix03:20201213110415j:plain

入り口は暗いので、ちょっと気後れしますが、中に入るとお不動さんがお祀りされています。

f:id:yukix03:20201213110439j:plain

内部は、大化元年(645)当時のまま。良質な花崗岩を加工し、左右対称に石組みが為されています。当時の築造技術としてはものすごく美しいのではないでしょうか。

石室から外を見たところ。
出る直前に気を緩め、頭をガリッとやりました。いてて。

f:id:yukix03:20201213110517j:plain


本堂。
膨大な数の絵馬が奉納されています。受験のお願いが多そうです。

f:id:yukix03:20201213110543j:plain

f:id:yukix03:20201213110607j:plain

ご本尊は、日本三大文殊の一つである文殊菩薩
中に入ると空海上人をお祀りする部屋のあと、大収蔵庫があり、5像全てが国宝である「渡海文殊群像」が現れます。
このときは他に拝観者がなく、遠慮なく「うわー、こりゃすごい」と声に出して近づきました。

ここは勿論撮影禁止。

本尊、騎獅文殊菩薩像を中央に、他4体の仏様が、雲海を渡り、魔を祓い知恵を授ける為の説法の旅に出るお姿を現しています。

騎獅文殊菩薩像は、鎌倉時代で快慶作。端正かつ美麗なお姿で、獅子の表情も味わい深く、かなり見応えあり。うっとりしました。日本最大の高さ7メートルということで、神々しくもあります。

文殊菩薩と共に雲海を渡る他の4体も全て国宝。
あどけなさが残る善財童子像、西域の王であった堂々たる体躯で手綱を持つ優填(うでん)王像。現在も文殊菩薩の聖地である五台山に止まっているとされる須菩提(すぼだい)像。すばらしい法論を生んだとする維摩居士(ゆいまこじ)像。

スーパーアイドルのステージが今から始まるぞ!そんなワクワクがありました。


収蔵庫といえどガラスケースの中にあるわけではなく、空調などで管理された大きな部屋が奥にあり、手前の部屋と木柵で隔てられている感じです。
柵の前かぶりつきで見ていると、お坊さんが現れて、解説をして下さいました。
お話の中で特に印象に残ったのが、渡海文殊の渡海とは、雲海のこと。雲海を渡る仏様、想像すると、なんだか素敵。
そして阿部文殊院は檀家を持たぬ寺なので、今日まで残って来たのは、御祈祷の依頼が多い為だからとのこと。受験などのお願いが多いんでしょうね。

他の参拝の方が来られたので、この辺で退散。
いやー、目に焼きつけました。
素晴らしかったです。

お堂の外から。ここから拝む事も出来ます。

f:id:yukix03:20201213131252j:plain


比較的新しい感じのびんづるさん。つるつるですね。あと百年ほど経つと、私たちがお寺で見るような、撫でられまくってすりきれたびんずるさんになるのかも。

f:id:yukix03:20201213131330j:plain


石灯籠の道を行きます。

f:id:yukix03:20201210124052j:plain


東古墳。飛鳥時代のもの。閼伽井の窟と呼ばれているそうです。古来より枯れることのない泉があったことに由来。 

f:id:yukix03:20201213131417j:plain


江戸時代に境内地に、四国八十八ヶ所西国三十三所の本尊仏として祀られていた石仏を安置したもの。

f:id:yukix03:20201213131435j:plain


白山堂。室町時代の創建。

f:id:yukix03:20201213131457j:plain


丘の上へ。

f:id:yukix03:20201213131518j:plain


晴明堂。陰陽師安倍晴明をお祀りしています。

f:id:yukix03:20201213132440j:plain

京都には晴明神社がありますが、寺院で安倍晴明をお祀りしているのは珍しいような。安倍一族の寺として、古来より晴明信仰の聖地のひとつとされているのだそうです。

広くて見応えのあるお寺でした。

f:id:yukix03:20201213132504j:plain



朝の雪

早朝5時過ぎ、窓の外をチェックすると、ベランダ部分にうっすら雪が積もっていました。
道路は大丈夫だなと思い、6時半前に家を出ると、牡丹雪がガッツリ降っている。そのまま原付バイクに乗り駅前まで向かいました。
顔にボタボタッと吹き付ける湿気を含んだ雪に、すっかり朝のお化粧もなかったことになりそうだな…と思いつつ、駅に到着。
夜明け前のホーム。体感的には先週の方が寒かったです。

f:id:yukix03:20210112204842j:plain


関西にも緊急事態宣言が発出されそうな雰囲気なので、電車はどうかな?と思いましたが、今日はまだいつも通りの混み具合でした。明日明後日くらいから、変化があるかもしれませんね。

明太子釜玉うどん

三連休も最終日。寒いですね。
お昼ご飯を食べに出たのと、義父宅の家事以外は特に出かける事もなく、テレビの録画やAmazon primeを見て過ごしました。

本日は、丸亀製麺へ。
午前11時過ぎに行った時は、行列はあるもののお持ち帰りのお客さんが多く、席は空いていました。
迷った末に、やっぱり好きな明太子釜玉。間違いなしの美味しさでした。

f:id:yukix03:20210111200042j:plain

飛鳥寺

こちらも昨年行ったものの記事にしていないものです。

吉野山金峯山寺から、車で30分くらい。古代ロマンの地、奈良県明日香村。

f:id:yukix03:20201213105424j:plain

お天気も良く、サイクリングで石舞台、亀石、酒船石などを回りたいところですが、車で飛鳥寺に直行。

f:id:yukix03:20201213105356j:plain

古代豪族の蘇我馬子が発願し、推古天皇4年(596)に創建された日本最初のお寺とされています。
ここもすごく昔に一度来た事がありますが、記憶が薄いなぁ。

今は田園の中に佇む、のどかな雰囲気の伽藍ですが、かつては塔を中心にした壮大な大伽藍だった事が、発掘調査で判明しました。

門から境内へ。

f:id:yukix03:20201213105503j:plain

鎌倉時代に伽藍の大半は焼失。現在の本堂は江戸時代に再建。

f:id:yukix03:20201213105523j:plain

この本堂の中に、日本最古とされる飛鳥大仏がいらっしゃいます。
中に入ると、解説役の方が由来などをお話しして下さいました。
鎌倉時代に殆どが焼失したとき、「あー、もう仏像もダメだなこりゃ」と当時の方が諦めたところ、奇跡的に、ご本尊の飛鳥大仏は焼け残ったのだと。背後の光背は焼けてしまったのにスゴイ!となったのだそうです。

写真ご自由にどうぞ、との事でしたので、お言葉に甘えて。

ご本尊の飛鳥大仏。銅像飛鳥時代(609年)に鞍作鳥(止利)仏師によって、当時の銅15トン、黄金30キログラムを用いて造られました。
大火災で全身罹災しましたが、顔の部分などには飛鳥時代の銅が残されているのだそうです。

f:id:yukix03:20201213105613j:plain


右から見るとちょっときつく見えて…

f:id:yukix03:20201213105633j:plain


左から見ると優しく見える、と言われているそうです。

飛鳥時代から残っているのがスゴイ!と素直に思いました。

f:id:yukix03:20201213105651j:plain


日本最古の仏舎利

f:id:yukix03:20201213105710j:plain


右手に阿弥陀如来坐像。藤原時代の写実的表現。

f:id:yukix03:20201213105732j:plain

f:id:yukix03:20201213105753j:plain


聖徳太子孝養像。室町時代の作。太子16歳のお姿。父君である用明天皇の御病気回復を祈願されている姿だとか。齢16歳でなんと聡明で落ち着きを放っておられるのか…。私が16歳の頃なんて、Tシャツの襟を頭にかけて「ジャミラァァ」とか叫びながら友達と追いかけっこしたり、阿保全開でしたが。

f:id:yukix03:20201213105814j:plain

f:id:yukix03:20201213105831j:plain


思惟殿。

f:id:yukix03:20201213105850j:plain


前方のお堂はお地蔵様かな。

f:id:yukix03:20201213105914j:plain

左の案内版に、蘇我入鹿首塚との表示。行ってみます。お寺の塀の向こうへ。

すぐのところに、甘樫丘を背に、蘇我入鹿首塚がありました。
山岸涼子先生の「日出処の天子」読者としては、これがあの入鹿の…と思ってしまいますね。

f:id:yukix03:20201213110002j:plain


さて、境内に戻ります。
ちなみにこれは、御朱印帳を書いていただいている、その引き換え札。

f:id:yukix03:20201213110021j:plain

明日香村は、村全域が歴史的風土保存の対象として、遺跡や景観が保全されており、昔来た時から大きな変化がなく私のような観光客は「変わらない景色だな」と安心する反面、規制のため人口が減少傾向なのだそうです。
どちらかを残そうとすると、どちらかが減っていく。考えさせられますね。

f:id:yukix03:20201213110050j:plain





最高!済公亭

土曜日のお昼、自宅から散歩がてら長岡京市役所方面まで歩き、中華料理店「済公亭」へ。

f:id:yukix03:20210109141949j:plain

ジャズ喫茶を改装したお店で、ご主人は60歳でお店をオープン。中国で生まれ、色々と苦労されて、幼少時に本場で食べた中華料理を作ろうと開店されたとか。そのバイタリティ、本当に尊敬します。

お店の内部はログハウスっぽく、中華風のポスターが貼ってあったり、不思議な馴染みやすさがあります。
孤独のグルメ」のゴローさんがふらっと入って来そうなお店だなぁと思いました。
お店の方は非常に丁寧な接客で感じが良くて、席に着いた時から、私の内なるもう1人の私が「yukixよ。この店は大当たりである」と語りかけるのでありました。

ランチは数種類から。お魚、鶏むね肉、そして名物の唐揚げ。
我々は初訪問なので、迷わずに唐揚げランチをオーダー。
待つ間にポットサービスの菊茶を頂きます。これ、ランチだと無料サービスですが、通常単品で500円。

f:id:yukix03:20210109142209j:plain

冷え込んだ屋外からたどり着いた、このお茶のあったかさ、菊の花の風味、美味しいのなんの。

常連さんがぽつぽつとやって来て、お店の方と「あけましておめでとうございます」と年始の挨拶をし、「小畑川が凍ってましたよ」とか、長岡京市内のニュースなど会話を交わされ、それがものすごくホッコリしました。

さて、やってきました。唐揚げランチ。

f:id:yukix03:20210109142247j:plain

白ごはん、中華野菜スープ、じゃがいもとピーマンとニンジンのシャキシャキ炒め物、中華風ビーフン、唐揚げ3個。


この唐揚げは、1個が成人女性の握り拳くらいあります。私が「う、うわ、すごい」と上ずった声でうめくのを、お店の方が「ウフフ」と暖かく見守って下さっていました。

f:id:yukix03:20210109142310j:plain

我々が早めの勢いで菊茶を飲むので、奥様がおかわりを作って下さいました。至れり尽くせりです!

こちらの唐揚げ、油っぽさを全く感じさせません。
衣はカリッカリ、お肉はジューシー。
通常、この大きさを食べると、最後はもう胃がもたれたりする事がありますが、食べ切りました。全部残さず。更に、帰途自宅まで歩いている時も、全くお腹に違和感がなく、美味しかった〜!という幸福感が続きました。
副菜も、じゃがいもの炒め物のシャキシャキさが、食事のアクセントとして小気味良い。中華風ビーフンには酸味の奥にからしの風味があり、これがツンと辛すぎない超絶妙な塩梅で感動しました。

f:id:yukix03:20210109142332j:plain

2人ともペロッと完食。
お店を出る時には、厨房のご主人やお店の方、奥様が気持ちの良い挨拶をして下さり、更に奥様が扉の外までニコニコと見送りに出て下さり、私たちは「ありがとうございます」「ご馳走様でした」「美味しかったです」「また来ます」とそれぞれ2回ずつくらい、「どんだけ言うねん」くらい繰り返してお店を後にしました。


やー、最高!でした。常連さんたちに愛されている理由がよくわかりました。
ご主人と奥様は70代くらいかな。
お店は、ご主人の代のみとのこと。あの唐揚げが、中華ビーフンが、いつか消えてしまうなんて…!と真剣に切なくなりました。
また近い内に、お店に行きたいと思います。