yukixうろうろ日記

京都在住。関西を中心にうろうろしてます。

楊谷寺の縁日

長岡京市の楊谷寺へ。
通称、柳谷観音。今日17日は毎月の縁日。
今まで、平日やあじさい祭りの日に来ていましたが、縁日は初めてです。
自宅から車で山を上がること10分くらいで到着。朝10時前。参道で販売されていた有田みかんが美味しそうでした。

f:id:yukix03:20190217224932j:plain



平日はとても静かなお寺ですが、さすがに縁日。沢山の方がお参りに来られてます。

f:id:yukix03:20190217224959j:plain



門の両脇には、風神さんと雷神さん。
なんとなく、親近感のある体型(汗)。

f:id:yukix03:20190217225018j:plain

f:id:yukix03:20190217225032j:plain



本堂前。17日と18日だけは、ご本尊の十一面千手千眼観世音菩薩がご開帳されるとのことで、私が入った時、お堂の中はすごい人でした。

f:id:yukix03:20190217225056j:plain


ご本尊から伸びた布を手に挟みながら拝礼するのですが、色々と作法が書いてあるものの、順番を待つ沢山の人が気になって「早くしなくちゃ!」と焦ってしまい、一礼して、すぐにどきました。日曜日で人も多かったのかもしれません。ゆっくり拝みたい方は、18日が平日の場合、そちらの方がいいかも。

f:id:yukix03:20190217225131j:plain



護摩堂前に準備中の大護摩。大護摩は年に二回行われるとのこと。

f:id:yukix03:20190217225154j:plain


弘法大師が作られたという霊水、独鈷水(おこうずい)。奥の方にお水があります。朝だったので、白い霧?靄?がふんわりと漂っていました。
この日はあらかじめ汲まれたお水を、お寺の方が配ってくれました。ペットボトルに入れてもらうことも出来ます。志納し、コップに一杯冷たいお水をいただきました。

f:id:yukix03:20190217225218j:plain



来月の縁日の予定。
右上の朱印ラテが気になります。

f:id:yukix03:20190217225239j:plain



護摩の時に、経木や人形(ひとがた)に願いを書き、焚き上げてもらうことができます。せっかくなので、緑色の健康を祈願する人形を。楊谷寺は、主に眼にご利益があると言われているので、眼に関するお願いを書きました。
色は白、赤、黄色、ピンクなどがあり、成功や金運など、それぞれ色によって願意が変えてあります。

f:id:yukix03:20190217225254j:plain



色々と販売されていました。えんぎつねの人形がかわいらしい。境内社である正一位眼力稲荷さんの絵馬もかわいいです。

f:id:yukix03:20190217225321j:plain



護摩まで時間があるので、主人ネコ男氏と境内をうろうろ。本堂前の手水を見ていると、屋根の四方の彫刻が、四神相応になっていました。京都の街は、この四神相応の地形とされているそうです。
北側、玄武。分かりづらいですが、亀と蛇を合わせたような不思議な神獣ですね。

f:id:yukix03:20190217225340j:plain


南側、朱雀。

f:id:yukix03:20190217225356j:plain


東側、青龍。

f:id:yukix03:20190217225414j:plain


西側、白虎。

f:id:yukix03:20190217225430j:plain



手水の彫刻は龍。

f:id:yukix03:20190217225443j:plain



ちなみに、今日はありませんでしたが、ここは最近、花手水をされていて、お花が入れられている時は、とっても綺麗です。ちなみに昨年6月のあじさい祭りの時の手水の様子がこちら。

f:id:yukix03:20190217225520j:plain



本堂から、上にある奥の院へ。
回廊を歩いていきます。庭園の花手水。今日は
山茶花。苔とのコントラストがいいですね。

f:id:yukix03:20190217225550j:plain


こちらは、葉牡丹。

f:id:yukix03:20190217225610j:plain



更に上へ。
f:id:yukix03:20190217225627j:plain


心琴窟(水琴窟)の手水、白いピンポンマムと南天

f:id:yukix03:20190217225645j:plain


奥の院へと続く回廊の階段。季節が来れば、両脇にあじさいが咲いて、実にいい感じ。いい感じですが、運動不足気味の私は、毎回途中で息が切れ切れ…( ゚д゚)

f:id:yukix03:20190217225700j:plain



奥の院にお参りし、上から境内を臨む。

f:id:yukix03:20190217225717j:plain



さて、大護摩供の時間。
11時になると、大峯山からの山伏さんが登場。いきなり火を焚くわけではなく、本堂での読経など色々儀式があり、実際に結界内に来られるまで30分くらいはありました。
法螺貝を吹きながら、山伏さんたちと楊谷寺のご住職が、注連縄が張られた結界に入られます。

f:id:yukix03:20190217225740j:plain


私とネコ男氏も、ちゃんと大護摩供を見るのは初めてなので、ワクワク。最初は「山伏さんの着物のポフポフした丸いやつがカワイイ」「ポフポフの色の違いは何やろか?」など小声で話してましたが、次第に真剣に儀式を見入ってました。

f:id:yukix03:20190217225757j:plain

祭壇には、前鬼と後鬼を従えた役行者像など。

行者問答。難しい専門用語が飛び交います。とてもカッコイイです。修験道とは何かということを教えてくれているんやな、とネコ男氏が呟いてました

f:id:yukix03:20190217225921j:plain


読経があり、法弓の儀式。

f:id:yukix03:20190217225937j:plain



東西南北を弓矢で射て、場を清めています。皆、飛んできた矢をゲットしようと沸いてました。

f:id:yukix03:20190217225952j:plain



ちなみに、注連縄に付いている幣のような紙は、四方によって色が違います。さっきの手水に彫られていた四神のことを思い出しました。
私がいたのは西側なので、手前の幣は白虎の白ですね。

f:id:yukix03:20190217230008j:plain


中央で、天に向かって弓を射ます。

f:id:yukix03:20190217230024j:plain



詳しくは分からないのですが、印を結んだり九字切りをした後、法剣で結界内や裏鬼門を清めてました。やー、すごい。とにかく空間を、徹底的に清められるんですね。

f:id:yukix03:20190217230046j:plain


いよいよ、松明に火がつけられました。

f:id:yukix03:20190217230110j:plain



ヒバ?ヒノキ?わかりませんが、着火されると、白い煙が立ち上がり始めました。

f:id:yukix03:20190217230125j:plain



しばらくすると、このようにすごいことに!

f:id:yukix03:20190217230140j:plain


煙の濃度が濃くて、ぐんぐん空へ上がります。まるで沸き立つ雲のよう。あちこちから歓声がが上がります。この煙は、天へ上がるようにとの意である、と山伏さんが言うてはりました。

f:id:yukix03:20190217230211j:plain


煙が少し落ち着くと、炎が上がり始めました。願いを書いた経木や人形が炎の中にくべられます。私の緑色の人形も炎の中に。

f:id:yukix03:20190217230240j:plain



その時の楊谷寺界隈の気温は5℃。山の中ということで、市内よりも寒かったですが、大護摩供の炎を間近で見ていたおかげで、ポカポカでした。最後は、見物客も順番に結界の中に入り、護摩の炎を近くで感じつつ、祭壇の役行者像に拝礼しました。

f:id:yukix03:20190217230304j:plain

初めて見た大護摩供、大迫力で、とても興味深かったです。


今日頂いた御朱印。2月限定の恵方御朱印と、愛染明王堂の限定押し花御朱印

f:id:yukix03:20190217230325j:plain

山茶花のお花がハート型で貼られています。最近の御朱印は、色々と趣向を凝らされていますねぇ。

さて、楊谷寺を後にし、お昼ご飯へ。
国道9号線沿いにある「コムギノキラメキ」。

f:id:yukix03:20190217230407j:plain

台湾まぜそばの直太郎。相変わらず美味しゅうございました。 




紅梅白梅

バレンタインデー。

職場のおやつコーナーに、カカオ100パーセントが!私はまだいただいてません。どんな味かな。

f:id:yukix03:20190214224714j:plain


万博記念公園の梅林に行ってみました。
まだ半分ほどですが、紅白の梅が匂うように咲いています。

f:id:yukix03:20190214224749j:plain

f:id:yukix03:20190214224807j:plain


梅は咲いたか、桜はまだかいな〜♪  

f:id:yukix03:20190214224837j:plain

f:id:yukix03:20190214224856j:plain


冬の太陽の塔。内部公開で賑わってます。私も実は2回入りました。

f:id:yukix03:20190214224912j:plain


バレンタインデーの夜ではありますが、今夜は演奏団の数人と別ユニットでのお稽古。
昨年の秋頃から祇園でお稽古してましたが、メンツが京都西南部に固まっているので、中間地点に当たる私の住む長岡京市でお稽古してくれることになりました。今日は、駅前の大きなセンタービルの中の防音リハーサルスタジオ。ピアノやエレクトーン、ドラムセットまである。

f:id:yukix03:20190214224935j:plain

しかし私たちはそれらを触る事なく…広いスタジオの隅っこに集まって篠笛と三味線のお稽古(^◇^)
手前にメンバー持参のジャンベも映ってます。
精進精進!

新年会と辰巳大明神

昨晩から、京都も冷えています。

今日は祇園で新年会。お稽古でお借りしている界隈の神社の社務所で、もちつき会+宴会。
臼と杵でつくのではなく、正確には「全自動もちつき機がもちをつくのを眺め、皆で丸めて食べる会」である。

四条大橋から鴨川。 f:id:yukix03:20190209232717j:plain


祇園白川に寄り道。冬は人が少なめ。
f:id:yukix03:20190209232745j:plain

辰巳橋の近くにある辰巳大明神。ご祭神として、辰巳橋に住んで人を化かしていた狸が祀られているとのこと。今まで、ごくたまーに参拝してましたが、狸の神さまとは知らなかった!とっても珍しいですね。祠の両脇には狛狐がいるので、不思議な空間です。

f:id:yukix03:20190209232809j:plain

芸事上達を願い、祇園の舞妓さん芸妓さんが足繁く通われているとのこと。桜の季節もとっても綺麗です。

その辰巳橋から白川。水かさは少なめ。化かされた人は、橋ではなく水の中をざぶざぶ歩いていたそうですよ。私はちゃんと橋を渡ることが出来ました(^^)

すでにもちつき会は始まっており、第一弾が突き上がって丸められていました。
かけつけ一個?大根おろしでいただきます。やっぱり出来たては美味し。

f:id:yukix03:20190209232843j:plain


夜の宴会のお寿司。鯖寿司はもちろんですが、このいなり寿司がまた美味しい。ゆず風味で、麻の実がカリッとアクセント。
ほかに、基本の巻寿司や、箱寿司、薄いかぶらのお寿司、生麩巻。手前の黒い巻寿司は海藻巻で、香り高い。
 f:id:yukix03:20190209232911j:plain
もちつきは、初の試みでした。いつか臼と杵で本格的につけたらいいなと思います!



初稽古と八坂神社

先日、お稽古のため、仕事終わりに祇園へ。
少し時間があったので八坂神社へ。

土地柄、夜も参拝者が多く賑やかですね。正面の南楼門。境内より。

f:id:yukix03:20190206074842j:plain


舞殿越しに本殿を臨む。

f:id:yukix03:20190206074903j:plain


摂社末社の並ぶ道。この辺りでトコトコ歩く黒猫と遭遇。北側エリアは隣接する円山公園の猫ちゃんと遭遇する率高め。

f:id:yukix03:20190206074937j:plain


奉納の提灯がたくさん、浮かび上がって綺麗ですね。

f:id:yukix03:20190206075002j:plain


西楼門を境内から撮影。門の向こうには、光る四条通り。

f:id:yukix03:20190206075049j:plain



お稽古は、相変わらず正座に苦しみましたが、仲間の顔も見る事が出来たので、楽しかったです。

今年も精進しなくちゃな〜(毎年言ってますが)。

大山崎サントリーウイスキー工場

土曜日、サントリー大山崎蒸溜所へ。
ウイスキー工場の見学。
かなり前に一度来た事があるのですが、久しぶりに再訪です。
私たちは車で行きました。工場に見学者の駐車場はないので、JR大山崎駅前の駐車場に停めて、10分ほど歩き到着。

f:id:yukix03:20190204175156j:plain


受付を済ませて、見学ツアーの集合場所へ。


f:id:yukix03:20190204175224j:plain



サントリーウイスキー作りの歴史や資料などが展示されています。


f:id:yukix03:20190204175252j:plain


f:id:yukix03:20190204175315j:plain


f:id:yukix03:20190204175336j:plain


集合場所は二階で、売店などもありました。
吹き抜けから下のフロアを眺める。


f:id:yukix03:20190204175400j:plain


 f:id:yukix03:20190204175429j:plain


時間担当のアテンダントさんの案内で、20人くらいがグループになり、移動。海外からの方も多く、専用の端末の他に、アテンダントさんによる英語の解説もあり。この仕事は英語ペラペラじゃないと出来ないですね。

最初の工程。大麦にお水を加えています。まだアルコールは入ってません。香ばしいような酸っぱいような独特の香りが充満。

f:id:yukix03:20190204175513j:plain



次に発酵。濾過した麦汁に酵母を加えます。麦汁の糖を分解してアルコールと炭酸ガスに変え、ウイスキー特有のもろみが作られるそうです。この樽はかなり大きくて、建物の1階から2階分くらいありました。


f:id:yukix03:20190204175530j:plain


f:id:yukix03:20190204175552j:plain



蒸留。入った瞬間にあったかい空気。このピカピカの蒸留釜は、一つ一つ形が違います。違うことによって、全く異なる風味のウイスキーが作られるんですね。


f:id:yukix03:20190204175618j:plain



続いて貯蔵庫。
このミズナラの樽の中には、本当にウイスキーが貯蔵されているそう。かなり広く、エアコンなどは一切使わず、四季の温度そのままで管理しているとのこと。樽はたまに位置を変えたりするそうで、技術者は全ての樽の状態を把握しているとのこと。
ブレンダーさんが、各種のウイスキー原酒を調合し、「山崎」を作っているとのこと。絶対的な味覚や嗅覚が必要なお仕事ですね。

f:id:yukix03:20190204175812j:plain



貯蔵庫の中は、木の樽のいい匂い!壁面には、製造ナンバーや樽につめた西暦が書かれていました。


f:id:yukix03:20190204175841j:plain

 

貯蔵庫から外に出ると、綺麗な庭が広がっていました。アテンダントさんの案内で、ここで深呼吸。

f:id:yukix03:20190204175917j:plain


さて、試飲です。
建物を移動し、席に案内されます。
ちなみに私は今日はドライバーなので、ソフトドリンクをいただきます。
目の前のキラキラしている試飲セットを見るだけで、うわ〜きれい、とテンションが上がります。ホワイトオーク樽原酒、ワイン樽原酒、山崎など。原酒の香りを楽しんだり、そのまま飲む味と水を入れた味を比べてみたり。香りが別物みたいに変わるのが面白いです。


f:id:yukix03:20190204180037j:plain


ちなみに、私は試飲ウイスキーなしのかわりに、山崎ラベルのグラスをお土産で頂きました。嬉しいお心遣い!ありがとうサントリー
美味しいハイボールの作り方を教えてもらいました。ネコ男氏は堪能してました。


f:id:yukix03:20190204180125j:plain



アテンダントさんが、ウイスキーの風味について教えてくれます。


f:id:yukix03:20190204180147j:plain



ちなみに、おつまみセットの燻製ナッツがとても美味しかったです。古くなった樽の木材をチップにして燻製したそうです。この試飲会場の椅子やテーブルも、樽の木材を再利用したものだと、後ほどアテンダントさんが教えてくれました。樽を最後まで余すところなく活用しているんですな。


これで見学は終了。最初の建物に戻り、売店などを眺めた後、数千本のウイスキーが並ぶ棚を見る。いろんな琥珀色があって、とっても綺麗です。

f:id:yukix03:20190204180221j:plain


f:id:yukix03:20190204180245j:plain


f:id:yukix03:20190204180303j:plain



世界のウイスキーが並べられていました。


f:id:yukix03:20190204180324j:plain



テイスティングカウンター。有料で色々試す事が出来ます。中には、貯蔵前のアルコール度数70%のウイスキーを試す事も出来るそう。70%て…。


f:id:yukix03:20190204180348j:plain



お土産も買って、嗚呼、楽しかった!


f:id:yukix03:20190204180415j:plain



そしてお昼、またまた行きました。長岡京の坦々つけめん「風来坊」。私は基本の白虎。まろやかな白胡麻の風味が相変わらずうまし。

f:id:yukix03:20190204180433j:plain



ネコ男氏は、カレー風味で辛めの黄龍を食べてました。「カレーが主張し過ぎず、スパイスの辛さが後からじわじわッと来る。これ、めちゃくちゃ美味い。麺を食べた後のスープに白ご飯を入れて食べると、これまた美味い。かなり美味かった!!」と彦摩呂さん並みの大絶賛してました。


おやつは「Unir speciality coffee」と、長岡京の和菓子店「みずは北川」のコラボスイーツ、コーヒーカステラ。


f:id:yukix03:20190204180458j:plain



ふわふわで優しい甘さ。コーヒーの香り。


f:id:yukix03:20190204180530j:plain


美味しゅうございました。




梅田の夜

金曜日の仕事終わり、大阪の梅田へ。
北大阪急行の梅田駅に到着すると、当然ながら大都会だ。改札を出ると方向や位置関係がわからない。地下街を行き交う人の流れにおののきつつ、とりあえず地上に出る。

うわー。建物が高い!


f:id:yukix03:20190203001710j:plain



もう何十年、京阪神に住んでいるが、我ながら、いい加減、梅田界隈の土地勘は持ちたいものだ。正面奥の方が、JR大阪駅方面。


f:id:yukix03:20190203001738j:plain



Googleマップと睨めっこし、私の向かう方向はこちらのはず。


f:id:yukix03:20190203001804j:plain



程なくして、なんとなく見覚えのある界隈にやってきた。数年前の送別会の時に来たことがある曽根崎だ。賑やかな商店街があり、お初天神こと露天神社が鎮座している。久しぶりにお参り。

f:id:yukix03:20190203001845j:plain


f:id:yukix03:20190203001904j:plain


境内は、都会の真ん中にあるということで、18時を過ぎても、なかなかの数の人がひっきりなしに参拝に訪れる。
本殿前。ライトアップされています。


f:id:yukix03:20190203001926j:plain



先程は赤だったけど紫になったり。

f:id:yukix03:20190203001954j:plain


手水の横に、このようなものが。噴水神盆。両手を充分に濡らし、心を落ち着けて、水盆の取っ手をサワサワすると、数分後に水がはじけるように踊り出す。というもの。


f:id:yukix03:20190203002051j:plain


ほうほうと思い、やってみましたが、私のやり方が悪かったのか日頃の行いが悪いのか、水盆はシーンとしたまま。あまり長時間、一人でワシワシと水盆をさすってるのも何だか恥ずかしくなったので、諦めました。

顔出しもあります。


f:id:yukix03:20190203002133j:plain



社務所御朱印は17時まででした。残念。
こうして見ると、ビルの谷間にあることがわかりますね。

f:id:yukix03:20190203002156j:plain


本殿の横にある水天宮。児童関連、水に関わる職種、交通安全にご利益があるとのことです。こちらもライトアップされてました。


f:id:yukix03:20190203002244j:plain


お宮の中には、可愛らしい張り子や招き猫がいたりして、なんだか親しみやすい雰囲気。なんとなくここが好きだな〜と思い、参拝する方があまり来ないのをいいことに、由緒を読んだりゆっくりお宮の中を拝見したりしました。

f:id:yukix03:20190203002222j:plain



舞獅子みくじ。踊ってました。


f:id:yukix03:20190203002313j:plain



ライトアップしているせいか、数年前に来た時より雰囲気が違う気がする。賑わってました。

f:id:yukix03:20190203002344j:plain


人形浄瑠璃曽根崎心中」のお初と徳兵衛。ブロンズ像が飾られている。


f:id:yukix03:20190203002406j:plain


f:id:yukix03:20190203002428j:plain



手水もライトアップされてました。


f:id:yukix03:20190203002456j:plain



中にも龍の手水。この大きな玉石?天然石?が、ビックリ。ちょっと触ると、クルクルクル〜と回転する仕組み。

f:id:yukix03:20190203002522j:plain



開運稲荷社。商売繁盛や皮膚病の平癒にご利益あり。

f:id:yukix03:20190203002540j:plain



境内から路地へ向かう通路。

f:id:yukix03:20190203002612j:plain



路地を抜けて行きます。タイムスリップしたみたい。こういう路地裏が大好物の私は、あやしさ満載でウロウロぐるぐる探索。

f:id:yukix03:20190203002701j:plain

f:id:yukix03:20190203002718j:plain

f:id:yukix03:20190203002744j:plain



いい感じのおでんやさんを発見。入ってみたいなぁ。大人のお店ですね。


f:id:yukix03:20190203002806j:plain



御堂筋。すっかり夜。


f:id:yukix03:20190203002836j:plain



今夜は、同僚さんらと「蕎麦屋で呑んで粋な大人の仲間入りをしようでないの」会。
というわけで、お初天神の路地裏にある「瓢亭」に到着。この店構え。想像以上に渋くて素敵。


f:id:yukix03:20190203002904j:plain



私たちが中に入ると、2組ほどの先客あり。
店内は、時が止まったかのような空間。
ほどなくして、続々とお仕事終わりのサラリーマンや、カップル、会社仲間や、お一人の方などなど、さすがの繁盛ぶり。


麦焼酎「峠」、ビール、日本酒「大信州」などを呑みつつ、うに乗せ豆腐、山芋とろろのりまき、蓮根の天麩羅、味噌漬け玉子などなど。これが日本酒に合う。あー、しみいる。


f:id:yukix03:20190203002935j:plain



最後に、お店の名物である夕霧そば。
柚子の上皮を細かくおろし、石臼でひかせた白いそば粉を混ぜて打った蕎麦。近松門左衛門「廓文章」の吉田屋の夕霧太夫にちなみ、大阪の名物そばとして育つように、夕霧そばと銘々されたとのこと。


f:id:yukix03:20190203002958j:plain


薬味と生卵入りのつけつゆにくぐらせていただきます。これが美味しいのなんの。
今度来るときは、この夕霧そばの天麩羅付きセットもいいな。


二軒目、東通り商店街の中にある「Distine」へ。ここは以前、友人安珍さんと来た事があるのだが、水タバコ(シーシャ)を吸う事が出来るカフェレストラン。
店内は中近東の雰囲気。バラライカを呑みつつ、マンゴーアップルフレーバーの水タバコを吹かす。


f:id:yukix03:20190203003029j:plain


久々に遅めの時間まで梅田で呑んだり食べたり、同僚さんたちと楽しく過ごしました。
夕霧そばは本当に美味しかった。また行きたいな。

長岡天満宮と完熟いちごコッペパン

長岡天満宮へ。

元日に姪っ子を連れて初詣に行ったところ、拝殿前から石段下の参道を超え、露店の並ぶ石畳まで並ぶおっそろしい大行列だった。ゆえに、境内を通り抜けるだけで失礼しました。

お天気は、昨日の雪から回復し、晴天。八条ヶ池の水面にキラキラと光が反射していて綺麗でした。鵜と思しき鳥が日光浴してました。

f:id:yukix03:20190127202130j:plain


石段。

f:id:yukix03:20190127202158j:plain



今日はあまり人も多くなくて、ゆっくり出来そうですね。

f:id:yukix03:20190127202219j:plain



拝殿。

f:id:yukix03:20190127202241j:plain



拝殿から境内。至る所に神牛像があります。

f:id:yukix03:20190127202257j:plain



仔牛の像。

f:id:yukix03:20190127202317j:plain



梅林の方にも行ってみました。まだ殆どの木は蕾でしたが、ちらほらと紅梅が咲いていました。

f:id:yukix03:20190127202338j:plain



アゼリア通りの「Unir speciality coffee」に寄り道。スタンド形式でコーヒーを飲むことが出来ます。ほっこりしますわー。

f:id:yukix03:20190127202404j:plain


西山天王山駅前にあるコッペパン専門店「西山こっぺ堂」で買った完熟いちごコッペパンホイップクリーム、いちごジャム、生いちご、ミントが、ふわふわのコッペパンに挟まれております。しあわせの味。

f:id:yukix03:20190127202420j:plain



ちなみに、他にだしまき玉子も買いました。ほんのりマヨネーズが効いていて、安定の美味しさでした。